ページの本文へ

Hitachi

TWX-21

TWX-21ユーザー連絡会

ユーザー連絡会とは

TWX-21はユーザー、ビジネスパートナーと価値を協創するエコシステムを実現すべく、以下の活動を行っています。

TWX-21の
循環型エコシステム
ユーザー企業とアプリケーションベンダーが新しい価値(知)を協創
TWX-21の循環型エコシステム|ユーザ企業とアプリケーションベンダーが新しい価値(知)を協創

エコシステム

一般的に、複数の企業が協調的に活動し、業界全体を発展させていこうという考え方。
TWX-21は、ユーザー連絡会やヘルプデスクで頂いたユーザーニーズを業界標準化活動を経て、ビジネスパートナーとサービス拡張し続けています。

ユーザー連絡会の
お知らせ

第31回 2021年12月3日 開催

プログラム
テーマ レジリエンスを高め、リレーションを強化するサプライチェーンコラボレーション
プログラム
開催日時 2021年12月3日(金) 13:30〜14:55 [開場 13:20〜]
会場 オンライン(ライブ配信形式)
参加費 無料(事前登録制)
対象 TWX-21ご利用企業さま(クローズドセミナ)
定員 300名
申込み 2021年11月4日発行『TWX-21ニュース』に申込方法が記載しておりますのでご確認ください。
内容

※各セッションの間には、換気のため、5分ほど間隔をあけます。

ご挨拶
[13:30〜13:35]
株式会社 日立製作所 サービスプラットフォーム事業本部
IoT・クラウドサービス事業部
本部長 矢崎 武己

【基調講演】レジリエントな社会への変革のためのデザイン
[13:40〜14:00]
人々の生活のデジタルトランスフォーメーションやサステナビリティの向上など、
企業はその活動に大きな変化が求められています。
経団連が「。新成長戦略」を出すなど、ビジネスの形が大きく変わろうとしているのです。
講演では、日立のイノベーションを支えるデザインの取組みとして、
10-15年先の価値観についての未来洞察や、グリーン債券のプラットフォーム開発等についてご紹介します。
株式会社 日立製作所 研究開発グループ
東京社会イノベーション協創センタ
主管デザイナー 柴田 吉隆

TWX-21成長戦略 サプライチェーン強靭化と経営効率を両立するサービス構想
[14:05〜14:25]
購買行動の変化による品種数と即時納入要求の増大、部品供給不足や、高まる天災、地政学リスク、
ESG価値に対応した、強靭化と経営効率を両立したサプライチェーン実現に向けたサービス構想を
先進事例とともに紹介します。
株式会社 日立製作所 研究開発グループ
テクノロジーイノベーション統括本部 生産・モノづくりイノベーションセンタ
リーダ主任研究員 小倉 孝裕

TWX-21の最新の取り組み状況のご紹介
[14:30〜14:50]
Withコロナ、ニューノーマル時代におけるお客さまのTWX-21の活用シーンを紹介するとともに、
主要なTWX-21サービスのエンハンス状況およびこれからのTWX-21の方向性についてご紹介します。
株式会社 日立製作所 サービスプラットフォーム事業本部
IoT・クラウドサービス事業部
部長 杉浦 康信

資料ダウンロードのご案内
[14:50〜14:55]

過去に開催されたユーザー連絡会

第30回
2020年12月4日
第29回
2019年12月6日
第28回
2018年12月5日
第27回
2017年12月7日
第26回
2016年11月17日
第25回
2015年10月30日
第24回
2014年10月31日
第23回
2013年10月31日
第22回
2012年12月14日
第21回
2012年7月20日
第20回
2011年12月15日
第19回
2011年7月29日
第18回
2010年12月15日
第17回
2010年7月23日
第16回
2009年12月16日
第15回
2009年7月23日
第14回
2008年12月5日
第13回
2008年7月18日
第12回
2007年12月19日
第11回
2007年7月26日
第10回
2006年12月18日
第9回
2006年7月27日
第8回
2005年12月12日
第7回
2005年7月11日
第6回
2004年12月15日
第5回
2004年7月23日
第4回
2003年12月3日
第3回
2003年7月8日
第2回
2003年2月20日
第1回
2002年7月2日
Page Top