ページの本文へ

Hitachi

TWX-21

TWX-21とは

企業連携を加速する「TWX-21」の環へ。

TWX-21とは

企業連携を加速する「TWX-21」の環へ。

グローバル化と変化の時代。企業においては、多くのビジネスパートナーとの柔軟な業務連携がますます重要となり、複数企業で情報を共有できるシステムを短期に構築する必要性が高まっています。ビジネスメディアサービスのTWX-21 は、これまで20 年以上にわたり約71,000 社のお客さまにインターネット上での企業取引の場を提供してきたクラウドサービス(SaaS)です。日立では、このTWX-21 のサービス基盤上で、企業活動に関わる業務別、役割別、利用者別に応じたきめ細かなアプリケーションサービスを提供。設計、調達、生産、販売などの企業連携が国内も、海外も、インターネット上のブラウザ環境だけで、豊富なメニューからセレクトインできます。

SaaS:Software as a Service

3つの特長

幅広いラインナップ

デジタル時代におけるサプライチェーン改革を支援

  • サプライチェーンに関わる幅広い業務に対応
    TWX-21はS2C(*1)やSCM(*2)を支える15の業務アプリケーションサービスを提供しています。設計、調達、生産、販売といった一連の企業活動の中で対応する業務領域を幅広くカバーし、1つのサービスでのご利用のみならず複数のサービスを組み合わせることでお客さまのビジネスに深く貢献いたします。
  • クラウドサービスによる柔軟性と運用負荷低減
    クラウドサービス(SaaS)のため、お客さまが資産を持つことなくサービスを利用することができ、さらに煩雑な運用管理に掛かる手間やコストを低減します。
  • (*1):Source to Contractの略。サプライヤーの選定から見積もり、交渉、契約までの業務。
  • (*2):Supply Chain Managementの略。供給業者から最終消費者までの業界の流れを統合的に見直し、プロセス全体の効率化と最適化を実現するための経営管理手法。

手厚いサポート

豊富な経験・導入実績を生かしてお客さまをサポート

  • 日立グループのノウハウを注ぎ込み
    1997年のサービス提供開始以前から、TWX-21は日立グループの標準EC基盤として利用され続けています。日立グループ内外で培った経験・ノウハウを注ぎ込み、お客さまの導入から運用開始後のすべてのフェーズにおいて日立が手厚くサポートします。
  • ユーザーコミュニティ
    定期的に"TWX-21ユーザー連絡会"を開催し、お客さまからの事例紹介、日立から最新の取り組み状況の共有を活発に行っています。

グローバルへの対応

ビジネスのグローバル化を支えるプラットフォーム

TWX-21はアジアをはじめとしたグローバルな商習慣に対応してきました。6カ国語(日本語/英語/中国語/マレーシア語/タイ語/インドネシア語)によるグローバルヘルプデスクが、お客さまのお問い合わせに対応します。世界中のお客さまから寄せられる声をもとにニーズをくみ取り、継続的な機能やサービス品質の向上を行っております。

Page Top