ページの本文へ

Hitachi

TWX-21

カスタマイザブル
データ交換サービス

ビジネスパートナーとのデータ交換を国・業界にかかわらず容易に実現

ビジネスパートナーとのEDI(*1)に求められるさまざまな通信手順やフォーマットに対応し、運用管理のサポートを提供することで、ビジネスパートナーとのデータ交換を国・業界にかかわらず容易に実現し、お客さまのビジネスの可能性を広げるサービスです。お客さまの手を煩わせることなく、EDI2024年問題(*2)にも対応可能です。

ISDN終了問題の影響と対策へ
  • (*1):Electronic Data Interchangeの略。電子データ交換。
  • (*2):2024年の初頭から固定電話網がIP網へ順次移行に伴い企業の受発注や決済などで使われているINSネット(総合デジタル通信網(ISDN))サービスも終了し、ISDNを利用したEDIへの影響が発生すること。

カスタマイザブル
データ交換サービス

ビジネスパートナーとのデータ交換を国・業界にかかわらず容易に実現

ビジネスパートナーとのEDI(*1)に求められるさまざまな通信手順やフォーマットに対応し、運用管理のサポートを提供することで、ビジネスパートナーとのデータ交換を国・業界にかかわらず容易に実現し、お客さまのビジネスの可能性を広げるサービスです。お客さまの手を煩わせることなく、EDI2024年問題(*2)にも対応可能です。

ISDN終了問題の影響と対策へ

このようなお客さまに
おすすめです

  • 取引先の国・業界・プロトコルを
    気にせずデータ交換したい

  • 運用・保守業務の負担を減らしたい

  • 従来の業務イメージを変えずに、
    安全にアウトソーシングしたい

  • インターネットEDIに移行したい

カタログダウンロード

このサービスでできること

異なる通信手順やデータフォーマットでも同一のインターフェースでデータ交換できます。

  • 取引先の国・業界を意識することなく、データ交換が可能です。
    お客さまは1つのインターフェースを介して日立にデータを送信するだけで、日立が取引先に合わせた通信手順やデータフォーマットに変換してデータ交換を行います。
  • 順序性保障可能な処理方式により、送信順序も保障します。
  • 送受信の結果は一覧形式で表示され、データ交換の状況をリアルタイムで確認できます。
    一覧は、データ交換日や送受信相手、送信情報などの条件で検索可能です。

クラウド型のサービス提供で、煩雑な運用・保守業務を代行します。

  • お客さまがEDIに必要な機能をクラウド型で提供します。
    煩雑なシステム運用を代行することで、運用にかかわる工数を削減できます。
  • クラウド型のご提供のため、お客さま側での資産管理が不要です。
    サービスの利用料として経費で処理できます。
  • 取引先からの問い合わせはヘルプデスクで一元的に受付・管理します。

お客さまに合わせたカスタマイズでスピーディーな導入を実現し、サービス移行の影響を軽減します。

  • 従来の業務に合わせたカスタマイズを行うことにより、現行の業務への影響がない形での導入を実現します。
  • 取引先ごとに異なるデータ交換への対応(環境準備、データ変換定義、運用管理など)をアウトソーシングして、運用や移行の負荷を軽減します。
  • EDI2024年問題の対応もお客さまや取引先の状況にあわせて行えます。

お客さまに負荷をかけずインターネットEDIに移行し、安全に運用できます。

  • 日立の総合力を結集したサービスを提供します。
    データセンターにて24時間365日(*3)オペレーターが運用し、定期的な機能追加やセキュリティ対策を実施します。
  • お客さま側でのハードウェア/ソフトウェアの更改は不要です。
    データセンターにて対応し、移行による運用工数の増加を抑制します。
  • インターネットEDIに段階的に移行することが可能で、2024年に慌てることもありません。

(*3):計画停止日を除く。

Page Top