ページの本文へ

Hitachi

TWX-21

消費財メーカー

サプライヤー及び製造委託先との進捗管理工数を約50%削減し、需給変動への迅速な対応や廃棄率の削減を実現

消費財メーカー

サプライヤー及び製造委託先との進捗管理工数を約50%削減し、需給変動への迅速な対応や廃棄率の削減を実現

案件概要

  • 消費財メーカーA社は、需要変動が激しく消費期限管理が必要な製品の製造管理の基盤システムとして、TWX-21需給調整支援サービスを導入
  • サプライヤー及び製造委託先との進捗管理工数をシステム導入前後で約50%削減し、需給変動への迅速な対応や廃棄率の削減を実現

導入前の課題

繁忙期と閑散期での製造量の変化が大きく、材料の調達遅延や消費期限切れによる廃棄が発生

  • 課題1:コミュニケーション手段の統一

    サプライヤーとの製造調整において、メール、電話、その他関連システムにコミュニケーション手段が分散している

  • 課題2:管理工数の削減

    製造/出荷の状況、消費期限などのステータス管理に工数がかかっている

  • 課題3:ステータス更新の把握

    個人がメールやエクセルで管理しているため、案件の更新情報についてタイムリーに把握できていない

ご提案内容

  • TWX-21需給調整支援サービスを利用し、製造に関する情報をバイヤーサプライヤー間でWeb上で一元管理する
  • 標準の納期管理機能を活用し、案件ごとのステータス、納期、在庫、出荷および製品のマスターデータを管理/更新できるようにする
  • 情報が更新された場合はメール通知機能にて関係者へ通知できる機能をカスタマイズ開発し、タイムリーな情報確認を可能にする

画像:ご提案内容

*1 MRP : Material Requirements Planning

導入効果

バイヤーとサプライヤーが同じ画面を参照しながら業務を行うことでコミュニケーションが効率化!

製造案件のステータスをWeb上で更新/参照できるようになり、案件の進捗管理工数を約50%削減!

Web上で全ユーザが最新のステータスを把握でき、情報に変更があった場合には自動メール通知するため、管理工数の削減だけでなく需給変動への迅速な対応や廃棄率も削減!

事例一覧に戻る
Page Top