ページの本文へ

Hitachi

TWX-21

電子部品メーカー

バイヤーの事業所や業務を問わずサプライヤーとの情報授受は、 TWX-21に統一し、サプライヤーから見て一元管理しやすくなり、サプライヤーに対するフォーキャストや発注の情報開示にかかる時間の短縮を実現

電子部品メーカー

バイヤーの事業所や業務を問わずサプライヤーとの情報授受は、 TWX-21に統一し、サプライヤーから見て一元管理しやすくなり、サプライヤーに対するフォーキャストや発注の情報開示にかかる時間の短縮を実現

お客さまの課題

  • 国内:拠点毎に異なるEDIサービスをサプライヤーとの間で運用
  • 海外:多くの拠点が手作業で調達業務を実施しており、運用が煩雑
    国内/海外含めた業務効率向上・更なるSCM (*)強化が必要

(*)SCM:Supply Chain Management

ご提案内容

  • Step1

    サプライヤーとの情報授受はTWX-21に統合する事を提案

  • Step2

    海外拠点のEC化を提案

  • Step3(Step2と並行導入)

    サプライヤーとの効率的な納期調整業務を実現する為に、需給調整支援サービスを提案

画像:ご提案内容

導入効果

バイヤーの事業所や業務を問わずサプライヤーとの情報授受は、TWX-21に統一し、サプライヤーから見て一元管理しやすくなった。

海外事業所において、サプライヤーに対するフォーキャストや発注の情報開示にかかる時間を短縮できた。

需給調整業務工数の短縮、KPI(*)確認の情報が取得可能となった。

(*) KPI:key performance indicator

お客さまの声

  • TWX-21の各サービスがグローバル対応できていたため、プロジェクト開始から3ヶ月でプロト版が稼働でき、導入テストを含め7カ月で業務要件を盛り込んだカスタマイズ版の本稼働ができた。
  • グローバルEDIにおいて、見積回答時に図面や内訳を添付することができるため、見積時の認識齟齬がなくなり、精度が上がった。
  • サプライヤーとの情報授受のシステムをパッケージ化したことで、今後事業所が増える場合にも、短期間でEDIサービスの活用が可能となった。
事例一覧に戻る
Page Top