Hitachi

  1. ユーザーごとに利用機能や参照情報を制御することで関係者間で最新情報を共有業務プロセスごとにアラート表示し、ユーザーのToDoを可視化
  2. 相見積機能や電子決裁機能によるサプライヤー選定など社内決裁ルールを標準化注文に対するサプライヤーの納期回答、出荷実績を管理し、進捗状況を可視化
  3. 画面表示項目やデータ項目を企業ごとに設定できるため、独自の商習慣にカスタマイズで対応

画像:【課題2解決策】

サービスの詳細はこちら