Hitachi

  1. サプライヤーが利用する形態に合わせて、TWX-21が伝送方式を変換することでバイヤー側のEDIを実現。
  2. 注文書などの伝票データとともに、図面や仕様書などもデータ交換出来るため業務効率が向上。建設業法の取引を含めてペーパーレス化を推進。
  3. EDIシステムの管理コスト・運用負担を軽減でき、IT部門の要員は自社のコア業務に注力。

画像:【課題3解決策】

サービスの詳細はこちら