本文へジャンプ

画像:日立企業間ビジネスメディアサービス「TWX-21」

Hitachi

概要

 本サービスは、日立グループで建設機械事業を担う日立建機株式会社が、グローバル市場におけるサービス事業において12年にわたり、世界100以上の国・地域で運用し、蓄積してきた業務ノウハウを結集した20言語をサポートする「Global e-Service」を活用したものです。今回、本サービスの提供基盤システムとして、日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」のラインアップで国内最大規模の企業間ビジネスメディアサービス「TWX-21」のSaaS事業支援サービスを利用し、「Global e-Service」の機能を提供します。
 日立建機は、自社で開発した「Global e-Service」を活用し、販売した建設機械について製造年月日や仕様、販売代理店などの建設機械自体に関するデータのほか、機械の稼働状況などをリアルタイムに監視しています。これらの情報は、日立建機グループの従業員のほか、各国・地域の販売代理店やユーザーも閲覧でき、建設機械のメンテナンス時期や保守部品の調達といったサービス事業の最適化を実現し、ユーザーが所有する建設機械の故障を減らすことで、建設機械ユーザーの作業遅延などを極力減少させることにつなげています。


「Global e-Service on TWX-21」のシステム構成図

お問い合わせ・資料請求

写真:お問い合わせ・資料請求はこちら

製品に関するお問い合わせや資料請求、開催されるセミナーについてのご質問やご要望など、皆さまのご意見をお寄せください。