本文へジャンプ

画像:日立企業間ビジネスメディアサービス「TWX-21」

Hitachi

調達業務の電子化によって、経費削減と取引先とのレスポンスの工場による短納期発注を実現。さらにはバーコード納品書・荷札によって、検品作業の効率化、作業ミスの削減を実現

お客さまの課題

  • 国内および海外における全生産/調達拠点を網羅した、グローバルな調達体制を構築し、世界の部品市場のQCDにおいて競争力のある部品の開拓が急務
  • 異なる調達システムを利用している拠点間の連携を容易にするために、全社統一のWeb-EDI導入が必要

※QCD:Quality, Cost, Delivery

ご提案内容

  • 全社統一のWeb-EDI展開により、注文情報など一連の取引情報をリアルタイムに把握
  • バーコード納品書・荷札の全拠点での統一、活用による情報の一元化を実現
  • EDI連携による納入LT(*1)短縮
  • (*1)LT:リードタイム

    画像:ご提案内容

導入効果

  • 全体のWeb-EDI化率が向上したことにより、注文書やフォーキャストのペーパーレス化が進み、人件費・発送費など経費削減につながった
  • 調達業務の電子化でサプライヤーは注文確認や出荷登録が即時に行え、短納期発注にも対応が可能になった
  • バーコード納品書・荷札により、受入検品作業の効率化、及び作業ミスの削減につながった

お客さまの声

  • バイヤー側での発注の漏れや発注の誤り、またサプライヤー側の伝票への記入ミスなどの運用トラブルが改善された
  • 障害や災害などにより、注文情報などのデータを消失してしまった場合にも、TWX-21のクラウド上に保管されているため、データの復旧がスムーズに行える
  • 今後、未導入の国内および海外拠点への展開により調達業務の電子化が進み、更なる効率化が期待できる

お問い合わせ・資料請求

写真:お問い合わせ・資料請求はこちら

製品に関するお問い合わせや資料請求、開催されるセミナーについてのご質問やご要望など、皆さまのご意見をお寄せください。